45-Lives.

Read Article

iPhoneのパーソナルファイナンスアプリ「MoneyWiz」が好きじゃ

Moneywiz

我が家の家計簿というか記録係は僕が担当しています。

2ヶ月程前に購入して使い始めたiPhoneのパーソナル・ファイナンスアプリ「MoneyWizマネーウィズ」です。

パーソナル・ファイナンスとか言うと色々と管理できるのだと思いますが我が家では完全に家計簿として使用しています。
すべてを使いこなしているわけではありませんが僕なりの使い方を少しだけ紹介します。「MoneyWiz」はiPhoneアプリとしては通常450円と比較的高価なので購入を検討している方の参考になれば幸いです。

iconMoneyWiz – パーソナルファイナンス App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥500

iconMoneyWiz – iPadのためのパーソナルファイナンス App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥500

icon.60x60-50MoneyWiz – パーソナルファイナンス App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥2,500

スポンサーリンク

「MoneyWiz」の機能というかインターフェイスは以下の様な感じです。

  • 口座管理(設定、収入、支出など)
  • 予算の管理
  • 予定の管理
  • レポート

Moneywiz2

口座の設定

Moneywiz3

左)口座は4つの中から選びます。
これがまた分かりにくい(笑)
ま、僕もよくわからないまま使っていますが。
「MoneyWiz」では管理したい単位を「口座」と呼びます。

    上から
  • 「利用中の口座」
    銀行の口座残高や諸々引き落としなど管理しています。
    (ここでは◯◯銀行 給与口座としました。)
  • 「預金口座」
    いつも使っている財布の残高を管理しています。
    (ここでは「家計」という名前で口座を作成)
  • 「クレジットカード口座」
    クレジット払いの管理をしています。
    クレジットの管理は少し独特です。(後述)
  • 「貯金口座」
    上の「利用中の口座」「預金口座」との違いがよくわからないのですが英語版を翻訳して確認すると「普通預金」とか「当座預金」という感じの差のようです。
    「預金」と「貯金」ということで銀行なのか’郵便局かとかそういう感じでも無さそうです。
    (なので僕は不使用)

写真左の画面で口座を選択すると口座名、残高などを入力する画面になり入力ができると右画面の様な管理画面に追加されます。
右画面の一行ずつが設定した口座ということです。

普通に使う場合には口座はあまり多くは要りませんが状況に応じて作成、削除できるので便利です。
たとえば昨年の年末調整は現金で返却されたのですが少し年末年始にお金の出入りがあり「年末調整」という口座を作成し管理しました。

ただ、実際に残高が「0円」であっても口座を削除してしまうとその間の金銭の出入りも削除されるので口座の作成、削除は注意が必要です。

口座の管理「収入と支出」

上記の「口座」をタップすると管理画面に遷移します。
管理画面はそれぞれ更に口座単位での管理となりますので再度タップ。
(今回は「家計」という口座で確認)

Moneywiz4

細かな収支の履歴が出ます。
右側の細い「赤線」「緑線」は「赤が支出」「緑が収入」を示しています。

また、写真右側のところを見ると「リボン」のようなマークがあると思います。
「緑リボンは支払い成立、赤リボンは支払い保留中」となります。この後に出てくる予定との関係もありますが先の支払いなどを前もって入れておいたりすることもできます。
一番下の残高についてはリボン部をタップすると赤リボンがついたり消えたりしますのでその際の残高がそれぞれ出ています。

一番右の▲マークで口座の取引(支出、収入、振込…)etc
Moneywiz5

「振込」は他の口座への移動ということになります。
「消し込みモード」は会計などで使用する様です。
取引(何か振込されるっていう設定)に消しこみモードでチェックを入れる所です。
「消し込み」とは会計用語のようです。たとえば何かを請求する際に後日その請求がきちんと回収できたか、振り込まれたかなどをチェックする作業のようです。
僕の場合は不使用です。

「カテゴリー」は別途設定から自分で設定可能です。
説明、受取人は基本的に入力しなくても大丈夫です。
(ときどき入力が必要な場合がありますが)
金額、支出の日時

画像(写真)も添付はできますがカメラが落ちやすいのと画像については他の端末と同期できないので、これだけは「Evernote」にレシートの写真を入れています。
「MoneyWiz」で撮影した画像はカメラロールから削除してもアプリ内に残っていましたのであまり入れすぎるとアプリの動作がが重くなったりするかもしれません。しかも、後から削除が面倒な模様です。1枚ずつ削除するしかなさそうです。

予算管理

予算についてはその名の通り「予算を管理」
あらかじめ設定したカテゴリ(複数選択可)についてどのくらい使ったか、どの程度つかえるか確認することができます。
Moneywiz6
予算の使用状況が分かります。
ここでは1個ですが必要に応じていくつか作って使い分けることもできます。
(追加は右上の鉛筆ボタンより)

予定の管理

文字通り予定のアクション(支出、収入との)を入れておけるのです。
Moneywiz7

期限切れは通知してくれます。
毎月のお給料や支払い関係(僕は生命保険や住宅ローンの引き落としなど)決まっているモノは予定としておくと忘れることなく入力できます。ただし、完全に自動的に動作するわけではなく最低限の確認をしてから取引決定となります。場合によっては毎月引き落としや支払いは決まっているけど金額が流動的なもの(電気代など)でもOKです。また、水道代は僕の住んでいる地区は2ヶ月毎の引き落としなのですがそういった予定でも対応できます。

とか言って、この予定については例えば引き落とし後の残高確認をしようとする際に少々不便だったので支出に関しては「住宅ローン、生命保険」程度の項目に絞り収入や口座振替などメインに使っております。

レポートついて

レポート機能は使ったことがありませんのでレビューするほどのネタもないのですが…

そして「クレジットカード」管理はわかりにくい。

クレジットカード口座の場合、あらかじめ決めた予算まで使えるという設定もできるし他の口座のように残高確認するような形もできる。
ただ、実際はいずれかの銀行口座から引き落としになるはずなのですが特にヒモ付するわけでもなくどこから引き落とせというのかねぇ…という感じです。

僕の場合はカード払いのものをカード代金引き落としの日に合わせ予定入力しておき当日引き当てるといった感じですかね。やはりカードで払った物はカードの項目にしておかないと色々気持ち悪いですもんね。

iComptaとか

今回ボクは「MoneyWiz」を購入したわけだが「iCompta」とかなり迷った。
最終的にはアイコンで決めた(笑)

iComptaはわりと情報もあるのと見た目カラフルなのがいいなーと思います
管理項目を色分けで管理できるのは人によってはかなり魅力的ではないでしょうか。
(Moneywizは地味目なアイコンのみ)
iComptaと比べるとMoneyWizはとても地味。でも、今となってはそこが好きなところでもあります。

参考:資産管理アプリ iCompta を本気で使いこなそう! その1. iCompta でできること! | No Second Life

iComptaiCompta 2 App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥300


iComptaiCompta 2 Lite App
カテゴリ: ファイナンス
価格: 無料


iCompta-57iCompta 3 App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥500


iCompta.60x60-50iCompta App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥1,700


iCompta.60x60-50iCompta 5 App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥3,400

その他の家計簿アプリ

ここまでにいくつかの家計簿アプリを試してみたがなかなかしっくりいくものが無かった。

もちろん個人差があるのだが家計簿をつける目的ってなんだろう。
僕の場合は「収入と支出」のバランスをとること。

そういった意味では家計簿アプリも2極化していて「なるべく手間をかけずに家計簿をつけたい」というひとと「多少面倒でもしっかり把握したい」ってひと、に分かれてきている気がする。

今のところ僕は後者だ。
サッと入力できて便利な家計簿アプリも数多くあるが多少面倒でもしっかり家計簿をつけたい派だ。

そんな「しっかり家計簿つけ隊!」な人にはオススメなアプリだと思う。

iconMoneyWiz – パーソナルファイナンス App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥500

iconMoneyWiz – iPadのためのパーソナルファイナンス App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥500

icon.60x60-50MoneyWiz – パーソナルファイナンス App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥2,500

デバイス間の同期について

そういえば「MoneyWiz」のウリの一つに「デバイス間の同期」がある。
なかなか便利である。
僕の環境は「iPhone」「iPadTouch」で主に同期している。
Mac版の「MoneyWiz」も以前購入してありMacも同期できる状況ではある。

コレも個人差があり想像の範囲なのだが大半の人はそれほど同期させること無く一つの端末で使うことが多いのではないかと思うがいったん同期をしてしまうと「なるほど快適」

もし、家族で一つの家計簿をつけたいとなったら「MoneyWiz」は良い選択だと思う。
外出先の3Gでも同期することができるのでもしかすると最強なのかもしれない。

スポンサーリンク

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. すみません、かなり前のブログに質問なんですが・・・
    現在Master Moneyを使っていて、MoneyWiz2に変えるか思案中です。MoneyWizはCSVでデータをインポートできるとありますが、7年間のデータを全て移行することは可能ですか?以前のデータはどうしましたか?教えて戴けると嬉しいです。

    • Mamiさん
      コメントありがとうございます。

      残念ながら私の場合は古いデータの取り込みというのはやったことがないです
      しかも記事に書こうと思いながら書いていないのですが現時点で「zaim」に移行してしまったんです…

      ただ、Moneywizでのcsv取り込みについて
      旧Moneywizの場合、上記のような画面が出るので
      項目の調整をしての取り込みは
      可能かとは思いますが実際は分からないというのが正直なところです。
      それから今回zaimに移行して便利だったのはオンラインバンキングですが
      moneywiz2は日本の銀行にはまだ対応していないようですね。

      またオンラインバンキングが対応し試用するには月額5ドルかかるので悩ましいですね。

      何だかお役に立てなくてすみません

      今後ともよろしくお願いいたします

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top