45-Lives.

Read Article

素敵な日本の手仕事-JUNIO(ユニーオ)・ポンピン堂-

近所に家具と雑貨のお店ができました。

家具と日用品のお店です。

そこで出会った素敵な日本の手仕事の品です。

Junioandponpindo

スポンサーリンク

JUNIO(ユニーオ)

JUNIOユニーオは元々茨城県のガラス工房だったそうです。
2011年に震災の影響により工房を閉めることを余儀なくされ、それをきっかけに北海道へ移住したそうです。

そこでは今までのガラス作品から創作活動を陶磁器に変更し活動を再開したそうです。

そんな「JUNIO」との出会い。

Junio

一見、素焼きのような素材にわずかにグレーがかった青い色味のシンプルな器

専門的なことは分かりませんが見た目と比べ非常に軽くて触り心地がすごく良いです、ガラスの質感を意識したということで口にあたった感じや底面の仕上げなどスベスベでとても気持ちがいいです。
底面には「JUNIO」小さなの刻印

Juniosoko

JUNIO

ポンピン堂

ポンピン堂は江戸時代からの染屋「更銈」(サラケイ)とデザイナー大野耕作氏の手がける生活雑貨を作る工房として2002年に始まったそうです。

ポンピン堂の由来は「日本(ニッ”ポン”)」の「逸品(イッ”ピン”)」からだそうです。

ポンピン堂の手仕事は無印良品のサイトでも紹介されていました。
MUJIキャラバン
ポンピン堂

Ponpindo
「縞」

一見、普通の縞ですが実は手書きだそうです。
よく見ないとわからないのですが手書きによる揺らぎが非常に魅力的で何とも言えず懐かしい感じというか引き込まれます。

端の処理なども手抜きがなく、裁縫に疎い僕でもこだわりが感じられます。

Ponpindo2

どちらも本当に魅力的な作品です。
手作りの暖かさというか何ともいえない気持ちよさがあります。

スポンサード リンク 


スポンサーリンク

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top