45-Lives.

Read Article

ハイスタ伝説再び!難波と横山の不仲説は解消

2011年の奇跡の復活ハイ・スタンダード

聞くと若いころを思い出す年代の人から今の若い人たちにも圧倒的な支持を集めるハイスタ=ハイ・スタンダード=Hi-STANDARD

1990年代後半に活躍していたが2000年に活動休止。

ファンにとっては辛く長い11年。もちろん本当につらい思いをしたのはハイスタの3人だったのかもしれない。

そんなハイスタ。いよいよ本格的に動き始めた!

ハイスタ

スポンサーリンク

2000年の活動休止から2011年の復活

2000年の活動休止からの11年はメンバーやファンにとってはまさに暗闇の時間。
ふとしたことから横山健氏と難波章浩氏が疎遠になったようだ。その一つ一つはファンにとっては今となっては思い出深い。

最も印象的なのは活動休止中の2007年に難波氏がハイスタの原盤権を保有しているPIZZA OF DEATH RECORDS(社長は横山氏)へ当てた警告文

「Hi-STANDARDの原盤権を3等分しないなら、『MAKING THE ROAD』は廃盤にすべきだ。これは金の話ではなく、作品にこめた魂の話だ。」

これによりファンは決定的にハイスタは終わったと思った。

しかし、2009年頃になると少しずつではあるが歩み寄るようなこともあった。横山氏が難波氏のレコーディングに参加したり。

きっかけは震災「もう自分たちの小さなことで悩んでいる場合じゃない」って。

後に放送されたNHK特番「届け!」
ここでは東北の震災を受け3人が個人的な感情で離れているよりも3人で再びハイスタとして活動することで日本の何かを救う方が絶対に大切だという信念のもと再結成したことが明かされている。
2011年9月自身の主催していたイベント「AIRJAM」を復活させる。

そして2012年には念願の東北での「AIR JAM」開催。

そして今、日本のためにさらに団結を深めている

最近ではハイスタ公式のyoutubeチャンネルにも懐かしい映像がアップされていたファンとしては嬉しい限りだ。

また、過去の作品だが1997年の「ANGRY FIST」やその頃のビデオ(今はDVD)などのアートワーク関係は佐藤可士和氏が手がけていたことも有名な話である。(佐藤氏と横山氏は同じ高校)

新曲でないかなー

これから色々楽しみであります。



スポンサーリンク

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top