45-Lives.

Read Article

Mavericks(マーベリックス)のメモリ解放にMAGICAN使ったらエグすぎ

MacBookProのOSをMavericks(マーベリックス)にしてからのメモリ問題がありましたが一連の悪戦苦闘の中で愛用の「Memory Scope」がMavericksには対応していないことも分かりメモリ解放アプリ難民となっていました。
結果「MAGICAN」で落ち着きました。

起動

スポンサーリンク


MAGICANのメモリ解放がエグい

とりあえず無料の有名どころの「MemoryKeeper
」を使ってみたのですが結果ほとんど解放できませんでした。アプリの最終更新日が2013年9月ですがこれまたまだMavericks(マーベリックス)には対応していないのでしょうか。結果は「Memory Scope 」と同じでした。
下の写真はアプリをたくさん立ち上げたりして負荷をかけて無理やりFree領域を削ったものです。
メモリ96MB
Free領域96MBとかです。

そして、「MemoryKeeper 」で解放してみるも435MB位までしか領域を空けることが出来ませんでした。

メモリ435MB

その状態で登場の「MAGICAN」でメモリを開放したところ

メモリ3 1GB

もう笑っちゃう領域です。

メモリ解放3 0GB
あっと言う間に再起動したみたいになっちゃいました。

Magican 公式サイト

ただ、このMAGICANってAppStoreではダウンロードできないのです。
なのでまあ一概にオススメするわけにも行かないのですが。

無料とは思えないほど高機能な「MAGICAN」

この「MAGICAN」色々できますね。メモリの監視、解放はもちろん最適化やセキュリティ関係もしっかりしていそうです。
とにかく色々なことが出来て無料なので大丈夫なのかとか怪しくないのかなとか心配になりますが。
Magican

まあ、完全無料な超素敵なアプリ「Markee 」のスタディストという会社もあるくらいですから。

参考記事
「Markee」の中の豆田さん | kouing my way.
スタディスト …

Magican 公式サイト

スポンサーリンク

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top