45-Lives.

Read Article

2014年はGTDを実践する年に

2014年の目標はGTDの実践

あけましておめでとうございます。@_kouingです。
そういえば新年早々からMBPを買うことで頭がいっぱいになってました。
昨日は無事にMBPを購入したので自分の今年の目標的なものを少し考えてみました。

GTDの実践を2014年の目標として活動してみたいと思います。
ただ本来は「GTD」は手段なのでそれ自体を実践することが目標になってしまうのは非常におかしな話なのです。
昨年10月頃にGTD本を購入し理解出来ていない面が多々ありこのまま実践というのも微妙な感じでありますが。

まあ、細かいことは気にしないで今年はGTDを実践することを当面の目標として行きたいと思います。

GTD本

スポンサーリンク


GTD本は買ったが難解ホークス

GTD自体の考え方は非常にシンプルなものなのだと思うのですがいざ実践しようとすると様々なことが障壁となりうまく進みません。
もちろん考え方の理解が浅いのかもしれませんが。

最近はデビットアレン氏のバイブル的なGTD本を読み進めています。
10月頃購入したのですがなかなか進まないです。
というか消化しきれていないです。

現在はGTDのツールとしてはiPhoneの「Omnifocus2」を使用しておりそのインターフェイスは非常にわかりやすいのですが…

本来ツールを問わないGTDなのですが現時点ではiPhoneなしでは考えられない感じです。
本によれば最もシンプルなやり方としてA4用紙やどこのオフィスにでもあるものを使用して実践例を説明していますがやはり手間がかかります。
「タスクを書き出して整理する」という一連の流れなどでも紙とペンの組み合わせよりもiPhoneとMacの組み合わせの方が格段にはかどるはずであるし効率的である。(はずだと思う)

GTDはiPhoneのアプリで行いたい

ほぼ24時間身につけているといってもいいiPhoneを使うことは自然な発想でしたし、世間で評判の高い「Omnifocus」を使いたいというのもありました。

なるべく最小の手間で管理したいと思うのは誰も同じだと思います。
どうしてもメモなどはデスクに置いてしまうこともあるのでiPhoneの方がタスクの追加や管理はしやすいと思うのです。

GTDの管理にiPhoneを使いたいと思ってから数十個のアプリを試してみましたが現時点では「Omnifocus」がいいかなと素直に思っています。
よく比較される「Things」「Remember The Milk」「Firetask」「Wunderlist」など試してみましたが基本的には(現時点では)やっぱり「Omnifocus」がいいですね。

個人的に一番のポイントはタスク追加がしっくりくるということでしょうか。
もちろん他のアプリもリマインダー追加に特化したアプリで補うことは出来ますが。(Things等)

最近は世間で話題の「Todoist」が非常に気になりますが現時点ではやっぱりGTD本を参照して読みながら取り組むならデビット・アレン氏が全面的に監修しているOmnifocusが一番整合するので使いやすい(理解しやすい)と思います。

最近、先にOmnifocus運用を始めたりくまさん(@Rikuma_)の様子を横目で伺いつつ取り組みたいと思います(笑)

[Я]時は来た!OmniFocus導入を決めたけど全然分からんので情報収集したまとめ : りくまろぐ

AppIcon57x57OmniFocus 2 for iPhone App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥2,000

スポンサーリンク

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top