45-Lives.

Read Article

ムーミンの新作映画のコンセプトがカオス

かわいいはずのムーミン

日本ではかわいいキャラクターとして知られているムーミン

昨今の北欧ブームでもあちこちで見かけることも多くなりました。
ムーミンと言えば僕の子供の頃にアニメが放送されていて「カワイイカバの物語」だと思っていたら実は北欧フォンランドの妖精だったとか。

wikiでも「見た目は直立したコビトカバ」のようだと形容されております(笑)

トーベ・ヤンソン生誕100周年だそうね

そんなムーミンの原作者トーベ・ヤンソン。
スウェーデン系フィンランド人の生粋の北欧な人です。
彼の生誕100週年を記念してフィンランドで映画が作られることになりました。

2015年公開だそうです。

ところがそのあらすじというかコンセプトと言うか内容があまりにも衝撃的でした。

スポンサーリンク

劇場版ムーミンの衝撃

『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』は、地中海沿岸に位置する魅惑的な地リビエラにバカンスのためやって来たムーミン一家に訪れた家族解散の危機を描く。現地のプレーボーイに夢中なフローレンにムーミンは焼きもちを焼き、ムーミンママは、貴族と友達になり自らを「ムーミン伯爵」と呼ぶようになったムーミンパパに腹を立て、親戚が暮らす古いボートで過ごすことを決めてしまう。

フローレンスがプレイボーイに夢中って(笑)
日本で言うなら「清純派のお嬢さんがイケメンホストに目覚めた」みたいなもんですかね、違うか。
それにしてもフローレンのイメージが。

お父さんの「ムーミン伯爵発言」は何となく分からんでもないですが。

ともかく今年はムーミンイヤー的な感じみたいです。
というか北欧ブームでユニクロですら乗ってきて「リサ・ラーソンのマイキーTシャツ」とか販売してるし。

ユニクロのTシャツはこのリサ・ラーソンと言い「Beastie Boys」のといいコレまた出しゃいいってもんじゃない感じです。

とりあえずビースティのTシャツはMCAの命日に発売になったというウワサもありますが。
ともかく来年公開のムーミンの映画は要チェックであります。

ところでムーミンに出てくるスナフキンはミイの甥っ子であります。
スナフキンは人間じゃないって最近知りました(笑)

参照記事:ムーミン、母国フィンランド製作で初の映画化 | シネマカフェ cinemacafe.net

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top