45-Lives.

Read Article

確定申告の時期(2015)と場所(提出先)と提出方法は?

確定申告の話題ですが
確定申告は自身の申告によるものです。

もちろん専業の方や副業でも収益の大きく伸ばしている方は
税理士さんや会計士などの専業の方に
頼んでしまうのもいいでしょう。

今回は確定申告の時期や提出先と提出方法について調査してみました

スケジュール

スポンサーリンク

確定申告(対象となる課税)の種類

自身で確定申告を行う人が
気になるのは「確定申告はいつまでに?」
と言うことだと思います。

確定申告をする税金の対象は大きく2つに別れています。
ひとつは「所得税および復興特別所得税・贈与税」となっています

こちらが通常サラリーマン副業の方の対象となる税金です
こちらの期限は「3月16日(月)」までとなっています。

もう一つは「個人事業者の消費税および地方消費税」です
こちらは3月31日までとなっていますが
私の場合は該当しませんので今回は割愛させていただきます。

ということでこのブログでの確定申告は
基本的に「所得税」についての記載となります

よく聞く「白色申告」「青色申告」については
申告の方法になるので別途記事にしていきたいと思います。

確定申告を行う時期と期日について

上記でも触れましたが
確定申告はいつでも受け付けてくれるわけではありません。

やはり期日がありその期間に申告することになります。

そしてその時期ですが
12月31日までの儲けをおおよそ1月中に確定する想定だと思います。

そして肝心の申告の時期は
2月16日(月)から3月16日(月)

1ヶ月の申告期間となります。

ただ、油断しているとあっというまに期限切れになりかねないので
早めに行動することにしましょう!!

また、申告期限の3月16日近くなると
窓口等がとても混み合うようです。

余裕があれば2月中に済ませたいですね!

確定申告の場所(提出先)は?

地図

確定申告を行う場所ですが
基本的には居住市町村の管轄税務署になります。

ただし、町や村の場合には近隣の市などの
管轄になる場合が多いようですので町役場や村役場などに
問い合わせるとよいと思います。

この時期になると各税務署が相談窓口を増やしたりして
市役所や役場などでの出張相談、申告などを行うことも増えます

広報誌などをこまめにチェックしておくと
いいですね

提出方法は?

提出方法は大きく分けて2種類です

規定の用紙に記入して提出する方法と
インターネットで済ませる方法の2種類です。

余談ですが私の場合は
今年の収入は20万円を超えていますが所得は20万円を下回るため
確定申告は基本的にいらない予定です

ただ、市民税などの申告は別途必要になる場合もあるので
申告の有無はいずれにしても一度税務相談は受けようと思っています。

規定用紙への記入を想定して作業していきその方法などを引き続き
同じような立場の人と共有できればと思っています!

と言うことで提出方法については
管轄税務署になりますので
私の場合は市の税務署に行ってきます!!

その前に準備することが山ほどあります……….

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top